ウインドウショッピングが好きだよ ←見るとこ違う

広告

先日、実家に娘を預けて妻と二人で焼肉を食べました。
ランチで二人で1万円分とか食べた。幸せだった。

そのあとは近くのショッピングモールをぶらぶらしたのですが、あるお店のある什器がたいへん素敵でした。

201701_020

こちらです。フランスのアンティークだそうです。

アンティークってもっとどっしりした木を使って、重厚な色味のイメージ(マホガニーとかウォルナットとかね)がどうしてもつきまといますが、これは軽くて柔らかい針葉樹を使っているようです。杉に近い感じ。
アンティークなのに素朴で軽やかな印象で嫌味がなく、でもちょっとだけ装飾もありつつ。一発で好きになってしまいました。

 

201701_021
特に感動したのはここね!この棚板の段調整の部分。
こんな方法があったかと目からウロコでした。溝刻むの楽チンだし、めちゃいいじゃん、これ。

201701_022
こんなふうに、両端を斜めに削った角材を棚受けにしているわけですね。見事。
よくよく見るとけっこう仕事が荒くて、割とつぎはぎ感というか、ムリヤリ感も漂っています。アンティークだとしても、たぶん職人とかじゃなくて、農家のおじさんが1年くらいかけてシコシコ作ったんじゃないかなって感じでした。

杉なら材料費安いし、農家のおじさんに作れたなら僕にも作れるはず。
折を見てぜひ作ってみようと目論んでいます。そんでここに、しこたま工具を置くんだ。

 
 

201701_023
別のお店ではこんなのも見てました。これはアンティークに良くある感じですね。
脚と脚の間に通っている材(トンボ貫っていうんだっけな?)をクサビで止めているのが萌えポイントです。
こんなテーブルを作りたいもんです。

 

ショップ内装は斬新な発想があってたいへん好きですので、買い物のたびにカシャカシャやっているわけです(お店の人に許可は得ますよ)。
ウインドウショッピングっていいよねー。