メインラウンジャーらしきものを試作中。

スポンサーリンク
201707_075

キャンプチェアを作ってます。ロースタイルキャンプの雄、BYERのメインラウンジャー。
悔しいですが自分ではキャンプに行く時間がとれず、これは頼まれたもの。

メインラウンジャーはアジアに生産拠点を移したときにMADE IN USAがプレミア価格になったくだりがあり、さすがに高すぎたのといかにも作れそうな感じからDIYで人気あるようですね。「BYER メインラウンジャー」で検索しても引っかかるのは自作のものばかり。

 

201707_071
オリジナルの材料はなんなのだろう。けっこう細い材で組んでいるのでやはり強度の高い南洋材でしょうか。
あんまり高くついてもしょうがないので、僕はとりあえず手近な赤松を使ってみます。杉で作っている人もいましたが、座面強度足りるのかな?

 

201707_072
完全にオリジナルをトレースする必要もないので。座り心地を見ながらサイズ感とか座面角度とか、いろいろ変えて試してみました。

201707_073
これはちょっと行き過ぎたか。ゆったりというよりは背筋が伸びる感じ。焚き火の番とかで頻繁に腰をあげるにはこのくらいが良いのかもしれませんが。

 

201707_074
試行錯誤の結果、背もたれ側のパーツの下方、座面を支える材をかなり下に移動させてこのくらいの角度になりました。座り心地良好です。
あとは背面の布張り部分。帆布引っ張り出してきて効率のよい縫い方を考えねば。

 
 

このチェア、著作権とか構造の特許はないのかな? キャプテンスタッグとかの安ブランドもガンガン通って売ってますね。大手には太刀打ちできないけど、僕も作って売ってみようかと画策してます。
それもあって珍しく綿密に試作してみたのでした。