乳児・幼児の成長速度を計算に入れないと、という話。

広告

201607_066
引っ越してきた時は5カ月だった娘も早1歳4カ月。まだハイハイもできなかったのに、今ではすっかり歩くし、階段も登ります。
その成長スピードに今、リノベの方が完全に追いつかれてしまいました。

 
 

セルフリノベ、当初の計画

201607_068
左が2階、右が1階。こんな状態で引っ越したもので…。しばらく1階だけで生活し、最優先で2階を作る計画でした。その後洗面台を作り、キッチンを仕上げ、という順番を考えていたのですが。

あれよという間に娘がハイハイをするようになり、つかまり立ちをするようになり、伝い歩きをするようになり。そのたびにベビーサークル設置・レイアウト変更だったり、ベッドの改造だったり、安全対策が最優先に繰り上がって他は後回し。(ベビーサークルはさすがに買いました。作りたかったけど。)

さらに一人で歩けるようになったら外に行きたがり、もちろん連れてってやりたいので土日はお出かけ。ますます工事進捗は遅れていきます。最近ではついに寝室から1階リビングへの抱っこ移動も嫌がるようになってしまいました。

 

201607_067
養生材を敷いただけの廊下とも言えない廊下を、娘がてってってっと歩いて行くのはけっこうドキドキです。早く降りたいからか、収納下段に置いてあるコンプレッサーなどに興味を示さないのがまだ救い…。

 

階段の上り下りは必ず妻か僕が付いていますが、そろそろ危ない。下側を塞いでいるベビーゲートも、やがて攻略しかねない勢いです。そうなる前に、半端に貼ったネットを完全なものにしなければ…!
そんなわけで、乳幼児がいる家でのセルフリノベはなかなか大変です。

 
 

もっと作業時間が取れる目論見だったのだけど…

引っ越し前は、前の家からこの家まで片道1時間を毎週末通ってはリノベを進めてました。
住み始めてしまえば、毎週末ここまで通勤?する必要もなくなるので浮いた4時間でガンガン作業進められるじゃん。と思ってました。なんなら夜も塗装とかの音の出ない作業はできるじゃん。とも思ってました。
まったくそんなことはなかった。今になってわかる、一日中一人で娘を見ていてくれた妻のありがたさなのでした。