趣味の発信をブログでやったらお金に替わった話。

広告

201607_072
ブログで稼げた分だけ材料買っていいよ、と妻は言いました。
 
 

僕の趣味と、ブログ歴

僕の趣味はDIY、カメラがメインです。
そのDIY部分が高じて家を買い、セルフリノベをしている訳です。言ってみれば趣味に数千万円つぎ込んだ形です。バカだねー。
 

 
家を買ったのが2015年3月。それから1年をセルフリノベ(と、子育て)で忙しく過ごして、2016年の2月にブログを始めました。
そこから2年が過ぎ、現在ブロガー3年めです。
 
 

ブログ開始から3ヶ月後、収益化を目論みだす

5月から本格的に広告を入れだしました。いわゆるアフィリエイトというやつ。
たまたまそのときの仕事のなかにブログ関連のものがあり、お仕事相手とお話する中で、ブロガーはかなりな収益化ができていて、普通にサラリーマンくらいの月収だ、という情報を得ていました。
正直それまではブログからの広告収入なんてものには懐疑的でしたが、ここで一気に欲が出たのです。
 
とりあえずGoogleアドセンスと、A8ネットというサービスから広告を貼ってみて、2ヶ月。
なんと600円くらい稼げました。
わかりやすく角材に換算すると、赤松の4mのやつが月に1本買える額となります。
 
 

趣味から得た広告収益を再度趣味に突っ込める素敵なサイクル

妻の宣告通り、ブログで稼げた分だけ「しか」材料を買えないとなるとちょっと家が完成しそうにないので、そこはしっかり家計から出させていただくとして。
でもわずかながら収益が出て、材料なり道具を買う足しになる。
これってけっこう衝撃でした。
 
だって、もうちょっと効率よくできれば「趣味がお金に替わり、それをさらに趣味に突っ込める」という完璧なサイクルが出来上がるわけじゃん。
さらに収益が増えれば、もはや副業と呼べるよね。
 
 

高嶺の花だった目標にも届くように

こうして多少なり収入を得ることができるようになった僕。
必要な工具はさておき、欲しい工具はブログで稼いだ分で買おうと目標を立てました。

 
 

第一の目標、これ。お値段29,800円。
なにかというと、木材が美しく接げる道具(正確には、木材を美しく接ぐために接合部に埋めるビスケットと呼ばれる木片を、埋め込む溝を掘る道具)です。欲しいが、高い。

 
最初のペースでは何年かかるかわからない計算だったけど、あれから2年経ち、だいぶ収益も増えました。
そして毎月これが買えるくらいになっています。ブログありがてぇ。
 
 

SNSでの発信では、こうはいかない。

趣味といえばTwitter界隈が強い感じがします。
バイクや自転車、模型やコスプレ、カメラ・写真とか。みんないろんな作品や記録やノウハウを発信してる。これって非常にもったいないなぁと、ブログをやっている僕は思うわけです。
 
SNSではアップしたものはタイムラインの彼方に流れていく一方なので、アーカイブ(記録・保存)としては弱いし、広告も貼れない。
ブログ形式できちんと整理・保存して「コンテンツ」にしたものは、時間が経っても検索で人が読んでくれるし、広告を貼って収益化できる。
 
最初は同じ内容であっても、この差はどんどん大きくなっていきます。
 
 

これからの時代は、コンテンツを持っている人が強い

Webディレクターの仕事でブログに少し関わっていた時期がありましたが、その時に痛感したのは、コンテンツを持っている人が一番強いということ。
Webサイトのデザインだの動線だのは、どうでもいいわけじゃないけど、集客の決定打にはなり得ない。
 
とにかくコンテンツを持っていて、ファンが付いているなりノウハウを提供できるなりが何よりの価値なんだなと骨身にしみました。だって、お世辞にもかっこいいと言えないサイトでもすごい集客力があるのを、何度も目にしたから。
 
 
コンテンツの価値=その発信者の価値とも言えるこれからの時代、とにかく自分の思い・経験・体験などなど、読み物にしてアーカイブしていくべき。
それにテーマ性があれば、立派なコンテンツです。
 
当面公開しないまでも日記感覚で書き溜めていくとのちのちリアルに財産になりえるわけで、何かに一家言ある人はぜひぜひPCに向かって打ち込めばいいのになぁ、と思う次第です。
レッツ、ブログ。