家の前の草むしりで見つけた”落し物”に怒りがおさまらないよ

広告

201608_01
土曜日、家の前の草むしりをしました。
公道なので放っておいてもいいのですが、自治体の一斉清掃で手が入るのは数ヶ月に一回。さらに犬のマーキングのせいか、うちの前だけ異様にボウボウなので見苦しく、暖かくなってから何回かは手を入れていました。

 

201608_002
それでもこの有様です。うへぇ。

16時くらいには裏山のおかげで日が陰るので、そこからスタート。直射日光がなければ気温は割とましでしたが、ちょこちょこ水分補給しつつ。草むしりってなんとなく小学校時代を思い出します。

ツユクサとかネコジャラシはけっこう楽に処理できるのですが、地べたを這う系が厄介で。葉っぱだけしか抜けなかったのも多数あるのでちょっとしたら復活しちゃうんだろうな…。
あとはアスファルトの石と石の隙間を縫うようにして広がっている小さいツユクサみたいのが非常に難敵でした。

 

201608_005
最後はブロアーを持ち出して、細かい葉っぱや落ち葉を華麗に吹き飛ばします。このブラックアンドデッカーのブロアーは完全に見た目で選びましたが、なかなか優秀です。そのうちレビュー書こう。

 

201608_004
施工後。すっきり。

201608_003
さっぱり。

 

腹が立つのは、むしっている最中に3箇所で、隠れている犬のフンを見つけたこと。草ボウボウだから見えないしいいや、とでも思ったのでしょうか。

正直言ってマーキングもあんまりいい気分しないけど、電柱あるし犬の習性だからしょうがないか、と思ってました。マナー水なんぞ気休めにもなってないことも知りつつ。でもフンは違うだろう。
タイムテレビがあったら飼い主見つけて、そいつの家の前に娘の使用済みオムツを山と積み上げてやりたいところです。

 

というわけで、戸建ての悩みでよく聞く犬の糞問題に、ついに我が家も直面してしまいました。冬の、草が枯れてる間は見なかったので、草ボウボウだったせいで悪魔に囁かれただけと思いたい。まずは対策として、草を生やさないことにします。除草剤撒くかんな!

それで収まらなきゃ次の手は犬の忌避剤、監視カメラかなぁ。
こんなことに労力割きたくないんだけど、ホント。