2月の床下で給排水管と格闘する。食洗機取付、ここからDIY。

スポンサーリンク

食洗機取付DIY工事の後編です。床下に潜って給水排水を立ち上げての工事DIYなんで、いわゆる「キッチンシンクの水栓にアダプターかまして分岐させる」的なものをお調べの方にはあんまり役に立たないと思う。ごめん。

さて、前回は床下に潜っていろいろ調査でした↓

水栓金具 食洗機設置 DIY

左から、排水管(塩ビ管)と床の穴の間に入れるゴム、給水栓、床に給水管を立ち上げるソケット。

 

給水・排水を立ち上げる箇所に、ホールソーで穴を開けました。旧床板の上に断熱を貼ってからの新床板なので、分厚くて少々難儀。

まずは給水を持ってきます。

キッチンのシンクへ繋がる給水管のちょうどいい位置にコネクターがおりましたので

 

ここをチーズ(T字)に変更して、食洗機側に分岐しました。

床下や壁の中を這わすなら、いまや給水管は塩ビ管ではなく、架橋ポリエチレン管が一般的。ちなみにコネクターは「エスロカチット」という名前で売っています(メーカーによるけど)

created by Rinker
積水化学工業
¥1,544 (2020/09/30 10:08:48時点 Amazon調べ-詳細)

その名のとおり、ポリ管に「カチッ」と押し込むだけで水漏れなく接続ができるのが感動的。カフェリノベのときの余りをうまいこと使いまわせました。

 

で、こう。あとは床立ち上げのソケットを床板にビス留めで完了。

 

続いて排水です。これは本来塩ビ管で作るべきなのでしょうが、束や根太を避けるとうまく勾配が取れないので、ちょっと変則的に作ってます。

まずは風呂からの排水管の途中に穴を開けます。ここに食洗機からの排水を流し込む算段。

 

こんなパーツを使いました。既存の配管の途中に取り出し口を作れる便利アイテムなんだけど、地味にいい値段します。

created by Rinker
ミヤコ(Miyaco)
¥2,860 (2020/09/30 10:08:48時点 Amazon調べ-詳細)

しっかり接着して金属バンドで締め込み、そこに排水ホースを接続。

 

下水の臭いが食洗機内に上がってきたら嫌すぎるので、トラップは必須ですね。
蛇腹ホースをS字トラップの形に固定できる便利なアイテムは、カフェリノベの際に中国から買ったミニシンクについてきたもの。使わず、しかし捨てるのもなぁ、と取っておいたものが役に立ちました。
その他、蛇腹ホースもその先の差込口(緑の部品)も、ぜんぶ余り物です。

角材を適当に打って、何となく排水の勾配が取れるように固定していきます。

 

写真左上の、青い管と蛇腹ホースが突き刺さっているのが今回やっている給排水の立ち上げ箇所ですね。
この辺は水勾配があんま取れてないんですけど、下げすぎるとトラップの高さを稼げないので・・・。

 

蛇腹ホースに繋いだ塩ビ管を立ち上げて、排水管も取り回し完了。
塩ビ管を床面で切ったほうが見た目スマートだけど、万一でも排水が溢れたら嫌なので、不格好だけどある程度の高さを残しました。

 

で、こうなりました。食洗機の下は洗剤とか置いとくスペースに。
排水ホースと塩ビ管の隙間は適当にパテで埋めました。

特に排水が適当な取り回しだけど、高温の排水にもちゃんと耐えていて、一年ちょっとたった今も問題は起きていません。

 

それにしても食洗機、マジで便利ですね。
ガス乾燥機に食洗機、この二つにすっかり慣れてしまった今、それまでどうやって日々生活を回していたかがもう思い出せません・・・。