中古戸建リノベ、掃除で前住人の気配を追い出すという工程。

1階ダイニングからリビングを望む

手にした家は残置物と埃だらけ。なんとなく前住人の気配が漂ってる感じでちょっと不気味だ。

スポンサーリンク

必要ない掃除ではあったが…

着工すれば業者任せでスケルトンに近いところまでやるので掃除しなくてもいいんだけれど、せっかくの家に愛着を持ちたいのでしっかり掃除をすることにしました。というか、プランニング中だからといってじっとしてられず、何か手を動かしたくてたまらなかった。

マスク、手袋、ウエスなどを用意し、掃除道具と工具を車に積んで早朝に新居に到着。ふつふつとワクワクが湧き上がってきている。

1階で一番明るい、気分のいいところに拠点を作り、コーヒーを1杯飲んで作業開始しました。初日はまぁ、すごかった。

まずは家中の窓を開けて空気を入れ替える。網戸もボッロボロだったけど、外から虫が入ってくるとかいう心配よりも室内の空気の嫌な感じの方が勝った。ぼろきれみたいなカーテンだなぁ、と思って引っ張ったらあっさりちぎれて本当にぼろきれに。外してゴミ袋へ。室内が少し明るくなった。

その後はポスター、写真、時計、カレンダーなどなど壁にくっついているものをひととおり外す。画鋲やらフックやら、すごい量。延長コードやテレビのケーブルもいっぱい転がっている。
なんだ、この家。

スポンサーリンク

翌週は、キャンプ用のイスまで追加。

完全に楽しんでる。

だんだん子どものころの秘密基地作りみたいになってきた。
1階の北、玄関の横の部屋を仮のゴミ置場にして、剥がしたカーペットや棚やらをどんどん運んでいきます。 照明の埃を落とし、窓を拭き、2階の奥からひたすら掃き掃除。最後、フローリングを拭きあげたら、そこでようやく自分の家になった気がしました。

埃って服の繊維カスや体の老廃物なんかだから、つまりは物質として”前家主の匂い”が残っているんだな。

ということを、なんとなく思いました。
残置物や埃がなくなっていくにつれて気味の悪さも薄くなっていったのは、それらを物理的に追い出していったからだろうか。手入れをして、家の中の未知の部分が減っていった結果でもあると思います。未知は怖いから。要は慣れたってことだけど。
 
なんにせよ、これでリノベ作業への熱の入り方も違ってきそうです。
掃除って案外、大事なんだな。