丸ノコでやってしまった失敗

丸ノコはシンプルな工具ゆえに、使う人にかなり左右される部分が多い。
長年使っていますが、うっかりしてるとけっこうミスをします。危険なので初心者の方は失敗例から学んでいってください。

 

角度切りのあと、直角に戻し忘れてて斜めに切れてしまった

丸ノコでは刃を45度まで傾けて、木口を斜めカットすることができます。これを使うことがたまーにあるのですが、使った後戻し忘れます。

201705_021
そのまま次の材を切ってしまい、それも斜めに切れてしまったこと、ある。
45度傾いていれば気づくんですけど、10度とか微妙なやつは気づけないんですよね…。

 
 

電源コードに引っ張られてカットが曲がってしまった

作業台にコンパネを乗っけて、900ミリとか1800を切っている時にやってしまうやつです。
手元に集中するあまり足元をよく確認していなくて、電源コードが絡まって引っかかっていたりしていて。

それに気づかず切りすすめていくと、コードに引っ張られて丸ノコが曲がっていき、カットが台無し。悔しいけど何回かある。

 
 

電源コードも一緒に切ってしまった

201705_022
電源コードの取り回しを適当にしてて、材料の下とかに潜り込んでいたのを一緒に切ってしまったことがあります。恥ずかしい。
一瞬で切れたあと、コードが回転で弾き飛ばされたからでしょう。感電などはしなかったのが幸いでした。

幸いプラグ側からの長さがけっこう残っていたので、本体側の残りのコードをさよならして、繋ぎ直して復活。そのまま今に至るまで使い続けています。
そして二度とコード切断をやらないよう、コードは身体の後ろに回すようにしています。

 
 

気をつけても気をつけ過ぎることはない

最初は丸ノコ自体が怖いのですごい注意してるんだけど、慣れてきたときにこういうのをやってしまうんですよね。
怪我は怖いので刃の前に手を出さないとか、しっかり両手で持ってキックバック(材料に刃が引っかかって、回転の力で丸ノコ本体が後方に跳ね上がる)に備えるとか、そういうのはきっちりやっているんですが、それ以外がおろそかになったりします、僕は。

切ってしまったら材料も身体も元に戻らないので、丸ノコを使うときはじゅうぶん気をつけましょう。気をつけても気をつけ過ぎることはないと思います。

広告

ブログランキング、押してくれるとうれしい。

人気ブログランキング / 手作り・DIY にほんブログ村 / 住まいブログ
 

シェアする

 

あわせて読みたい

 

そのほかの記事はこちら