せっかく軽量鉄骨の家だからとハンモックを吊るしたら最高だった。


自分らへのクリスマスプレゼントってことでハンモックを買いました。もうね、ずっと買おうと思ってたやつ。
年末年始で取り付け金具を調達するのに時間がかかり間が空いてしまいましたが、先日セカンドリビングの方へ設置しました。
家の中にハンモック、めっちゃいい。
 
 
 
片側は柱に取り付けました。
もう片側を吊るすために屋根裏にアクセス。
 
 

屋根を支えるトラスの鉄骨が2mスパンで入っています。2階天井に穴を開けて、そこから鉄骨に結んだロープを出して、ハンモックに繋げるつもり。
 
 
 

だいたいこの辺かなって見当をつけました。
 
 

左上:開口。ロープが振れる範囲を考えてけっこう大きめに開けました。
右上:紙袋の底に穴を開けて手を突っ込んで、その中でドリルを握る。穴あけ時の粉塵の飛び散りが最小限にできます。
左下:様子見で、いったん鉄骨に直接結びつけて垂らしてみる。ハンモックを吊るとかなり斜めに引っ張られるようでした。
右下:取り付けに使ったアイプレートはホームセンターにも耐荷重20kgくらいまでの品しかなく、モノタロウで60kgのやつを注文。
 
 

場所決めができたので、アイプレートを取り付けました。
ロープが斜めに引っ張られることを考えると、鉄骨に直接ロープを結んだのではそのうちズレてしまいそうで。
 
 
 

これにて設置完了です。ロープには結び目がいくつかあって、どこにカラビナをかけるかで高さが変えられる。
 
 
 

なおこのハンモックは椅子のように使うことを想定したもので、片側が短めになっていて背もたれになります。本読んだりするのに最の高。
網に包まれてるだけなのに不思議な個室感があってとても落ち着きます。
 
 
 
「里山ハンモック」っていうところのです。一個一個手編みのハンモックは使われている紐が柔らかくて座り心地が極上。好みのカラーでオーダーもできるらしいよ。
>>>里山ハンモック

広告

 

シェアする

 

同じカテゴリの記事はこちら

 

そのほかの記事はこちら