ここだけはケチらなかったキッチン機器|ハーマン(ノーリツ)のプラス・ドゥ

キッチンのガスコンロ。
これもインテリア雑誌で見て、いいなぁーと憧れていた機種があったのです。通常のビルトインコンロより値が張るのですが、思い切って導入しました。

 
201703_007
それがこの、ハーマン(ノーリツ)の「プラスドゥ」です。

雑誌で初めて見たのはまだ家を買う話なんか全然なかった頃ですが、当時は賃貸の2口コンロ使いだったので3口あるコンロに憧れがあり。
そのうちIKEAのキッチンの展示にもこれが入って、実物を見ると一層かっこいい。いつか家を買ったらこいつを入れるんだと思ってました。

いよいよ家を買いキッチンを作るにあたって、IHのガラストップも掃除が楽そうでいいなぁなんてちょっと浮気心も出た。でも中華鍋振りたいし、やっぱり業務用を思わせる全面ゴトクがかっこよすぎましたね。




すばらしい1 : ビルトインコンロの最終形態と言えるかっこよさ

201703_008
コンロのツマミが横じゃなくて上についているのと、鋳鉄製の全面ゴトクが渋いんすわ。

全面ステンレスというのもいい。
スティーブ・ジョブズがiPodの背面ステンレスカバーに傷がつきやすいとの苦情を聞いたとき、「使い込んで傷のついたステンレスの良さがわからないのか、僕は最高に美しいと思うけど」と突き放したと言いますが、ほんとそう。
いい素材は傷がついても美しい。

 

すばらしい2 : 便利すぎるタイマー機能ほか

201703_006
コンロタイマーがあり、煮込み料理なんか作るときも放置プレイOK。お湯が沸いたら自動消火してくれるボタンもあるので、湯沸しの間に掃除したりと時間を有効に使えます。このタイマー、地味に便利なんだ、ほんと。

朝のパンも魚焼きグリルで焼いてますが、もちろんタイマーで焦げ知らず。オーブントースターなんかもう要らないわけ。

 

すばらしい3 : 圧倒的火力

4,510kcalと、家庭用では圧巻のスペック。野菜炒めとかも水分が出ることなく美味しくできます。鉄鍋使い的にはもっともっと火力あってもいいんですけどね。

 

ちなみに火力をもとめるあまりマルゼンのパワークックとかの業務用コンロを入れたかった時期もありましたが、いろいろ調べた結果、消防法でかなり厳しいとわかったので諦めた次第。

201703_001

ざっくり言うと

  • 壁、床とも耐火仕様にしないとだめ
  • 換気扇の性能を超いいやつにしないとだめ
  • 現在は空焚き防止センサーついたやつじゃないと家庭用には国内流通させねぇってなってる

ってことで一般家庭にはほぼ無理ゲーかな、と。

よっぽど設計段階から考えた注文住宅なら可ですが、めっちゃ重い&デカイので、中古リノベの我が家には搬入経路からして現実的じゃないのでした。
厨房機器の中古品探したりで安く上がるかなーと思ってたんですがねー。

 
 

毎日のことだから、最高に気に入ったものにしてよかった。

キッチンはどうしたってほぼ毎日使うものだから、やはり気に入った機器が並んでると気分は最高。
もしこれから家を建てたりリフォームする人がいたら、ここはケチらず、一番望みのものを選ぶことをお勧めしたい。
数万円単位の差であれば、日々の満足度で考えれば微々たるものですから。

 

ちなみにわが家のキッチンの制作費、コンロ・オーブン・シンク・水栓を除くと

  • 角材・コンパネ 5,000円いかないくらい
  • モルタル 200円
  • 換気扇 9,000円強
  • シンク 30,000円

くらいでした。
タイルまだ貼ってなかったりと未完成なのでもうちょい金額上がりますが、それでも大してお金かかってません。そのぶん心置きなく機器に投入できたわけです。

 

定価だと20万円超えの高級機器ですが、通販で概ね11〜15万円ですね。僕も12万円くらいで買いました(2015年当時)。

 
 

前回のキッチン水栓の話。これもこだわって選びました。キッチンに立つたびにウフフとなるよ。

広告

ブログランキング、押してくれるとうれしい。

人気ブログランキング / 手作り・DIY にほんブログ村 / 住まいブログ
 

シェアする

 

あわせて読みたい

 

そのほかの記事はこちら