北海道旅行3|世界一美しい庭、十勝千年の森を歩く。

富良野から十勝へ下っていきます。

今回の旅行の目的地の一つに「十勝千年の森」というところがあります。
そのなかのメドウ・ガーデンという庭園はダン・ピアソンという英国人ガーデナーが造ったもので、「世界一美しい庭」称され、受賞もしています。
自分の家の庭とは比べるべくもないスケールなので参考にもならないかと思いますが、ぜひ一度そこを見たかったのです。

 

201609_035
道中、川の近くなどで台風の爪痕を見ました。思った以上に猛威を振るっていたようで、度々道路の通行止めに遭いました。早い回復を祈ります。
一口に迂回路といっても距離が凄まじいのがさすが北海道。

 



 

 

201609_044
ここがメドウ・ガーデンです。なんというか…本当に美しい。

201609_036
枯れている草花も普通にあるけど、枯れる事すら計算されているかのように植えられています。近視眼的にみると、植物一つ一つは本当にその辺に生えてるかのようにごくごく自然な姿なのですが。

201609_038
全体で見ると、その種類の植物が繁茂した時の色と形状、背丈、範囲が計算されているのがわかります。絵に描いたように美しいコントラストで収まっている。
どれだけ植物のことを知っているんだろう、この人は。

 

201609_045
ここなんか感動でした。
今いる地点から一段登ったところに小道の続きがあって、歩を進めるごとにそれが手前のススキのベージュの向こうにふわーっと見えてくるわけです。映画のシーンの切り替わりを見るかのようでした。

 

201609_037
その小道からの眺めです。
手前は緑の中にレモンイエローの花が散っていて、ススキのベージュを挟んで奥はうっすら赤く。向こうの針葉樹のシルエットすら計算ずくなんじゃないかと思ってしまう。

 

201609_040
奥に行くと花壇もあって、「かぼちゃとヒマワリとダリア」といった、奇想天外な組み合わせの草花が植わってます。カフェスペースもあるようですが、この日はお休みの模様。残念。

なお「十勝千年の森」、このときは台風の影響で半分くらいが入れない状態でした。敷地内の川が氾濫し、橋などを落としてしまったそうです。とても残念でしたが、その分入園料を半額にしているのは良心的でした。

 

201609_046
世界一の庭をゆっくり歩ける、最高の体験です。娘もご満悦でした。子連れにも全然オススメ。
北海道にいくならここはプランに入れてまちがい無いんじゃないかなぁ。

来年以降、いろいろ復活したところでまた来たいと心から思いました。

広告

ブログランキング、押してくれるとうれしい。

人気ブログランキング / 手作り・DIY にほんブログ村 / 住まいブログ
 

シェアする

 

あわせて読みたい

 

そのほかの記事はこちら