水栓の水漏れの直しかた(ハンドルのところ)

広告

無職2日目のみのりんです。
ガーデニングがたいへん楽しい季節なので、家の中を放置気味です。

玄関を出てすぐのところにある水栓、最近の庭いじり熱の高まりに呼応して使用頻度が急上昇なのですが、水漏れがひどいので直しました。

 

201706_001
こんな感じで、蛇口ではなくハンドルの方からジャバジャバ出ちゃってます。三角パッキンというやつが死んでいるのです。

早速交換しますが、その前に家の水道の大元を閉めましょう。どの家も水道メーターのところにあるはずです。

 

まず分解工程。
201706_002

  1. ハンドルの真ん中のネジを緩めてハンドルを外す(抜く)
  2. キャップナットを外す
  3. 取れました。が、キャップナットの中にパッキンが入り込んでいます。
  4. ピンセットとかマイナスドライバーとかヘアピンとかなんでもいいからほじくり出す。指を怪我しないように。

簡単ですね。

 

201706_003
こちらが新しいパーツ。TOTOとかSANEIとかブランドはいろいろですが、概ね100円〜200円くらいで売ってます。

 

201706_004
せっかくの機会なので新旧比較。古い方はエッジが丸まっていたり、消耗している感を出してます。僕もそのうちもう少し角が丸くなるのでしょうか。

 

201706_006
取り付け前にキャップナットの中を少々きれいにね。エンジンのパーツみたいにシビアじゃないですが、砂つぶとか噛んで水漏れしたら面白くないので。

 

201706_005
ワッシャー、パッキン、キャップナットの順で取り付け。そういえば、元々のやつはワッシャー入ってなかったな…。

 

201706_007
ハンドルも戻して、水漏れがないか確認。水漏れなし! 写真じゃ伝わらないけど!

 
 

実はここの水栓、家を買って初めのころの掃除で水漏れに気づいていたのですが、あんまり使う機会がなかったのでそのままでした。買っておいた三角パッキンは実に2年越しでの登場でしたよ。
インフラ整備は最初にきっちりやっておくべきですね。