腰の負担軽減! フットスイッチをつくった。

広告

工作室でスライド丸ノコを使う際には吸塵機をつないでいるのですが、切るたびに腰をかがめて吸塵機のスイッチを入れるのが面倒になり、クッソ適当ですがフットスイッチを作りました。

 

201706_098
近所のホームセンターでプッシュスイッチとスプリングだけ購入。あとはあり合わせでどうにかする算段。合板は木端の箱にちょうどいいサイズがあったので、切り出しもせずそのまま使います。

 

201706_097
合板のサイズありきでいろいろ配置を検討した末、このようなかたちに。やはりスイッチは中央にあったほうがいいかな、と思い。

 

201706_095
完成〜。早い話がスイッチ付きの延長コードですな。踏んだときだけ通電なので油断すると吸塵機がとまります。
踏むごとにON/OFF切り替わるタイプのスイッチのほうがよかったかな…。

 

201706_096
パカッ。
スイッチ内部のバネは手で押す前提で弱すぎるため、買ったバネを仕込んでいます。バネ外径は10mmなで、木端に12mmの穴を開けたものの中に入れました。ガイドとしてはこれで十分でした。
ホコリ対策は早めに考えますが、とりあえず快適に使えますー。

 

材料費400円と30分の工作で日々の作業がだいぶ楽になりました。