コスパ重視の家庭菜園を目指している。

家の中を整え終わったら庭いじりをするんだ…と決めていたのですが、我慢できず。

セルフリノベの傍ら、家庭菜園をちょっとずつ始めちゃってます。やはり庭のある戸建を買ったので、菜園をやりたいわけです。

そして、目指す菜園はいろんな方面でコスパがいいやつ。つまり

  • ある程度ほっとける(=手間コスト削減)
  • 買うと高い野菜が実る(=金銭的コスト削減)


というところを攻めたい。安く買える野菜は買えば良いしね。

 
 

野菜部門のコスパがいいやつら

自分でよく買う野菜を思い浮かべつつ考えた結果、ミニトマト、スナップインゲン、アスパラガス、セロリあたり。コンスタントに収穫出来るようにしたいなぁ。

買うとお高いパプリカも欲しいけど、マンションの頃にプランターでやったらあんまり実がつかなかった記憶が。地植えだと違うのかな。

 
 

サラダ菜的なやつは楽で使い勝手いい。

本当はサラダ用にクレソンを育てたいのですが、これは水遣りだけはマメにやらないとダメなので、雨水を使った灌漑システムを作ってから着手の予定。
変わりに「ミックスサラダ菜」的なのを育ててますが、これはけっこう正解でした。ちょっとお皿に緑がほしいときやサンドイッチを作りたいときに重宝します。買うと高いし、すぐ痛むしね。庭に生やしておけば腐る心配はないので最高です。虫がつきやすいのが辛いところ。

 
 

鉄板のミニトマト。

201607_003

ミニトマトは脇芽をどんどん掻いていかなきゃいけないのに、植え付けからしばらく放置してしまってヒョロヒョロ伸びる一方…。ようやく実をつけつつあります。

実はこれ、栽培失敗例。ミニトマトは最初の花を確実に受粉させて実をつけさせないとゾンビ化します。苗を買ったら即植えつけ、最初の花が実をつけるまではちゃんと面倒見ましょう。無事に着果したらその後は放っておいてもガンガン実がなります。
失敗事例を↓にまとめましたよ。

苗は100円前後で手に入るし、2本くらい植えて最初だけちょっと面倒みれば、毎週ミニトマト1パック分くらいは収穫できます。ひと夏で余裕で元が取れる優秀な作物。

 
 

スナップエンドウも楽できる。

201607_005

スナップエンドウは適当にやっても本当によく育つ作物です。

前回は冬に蒔いた上に蔓を絡ませる支柱も付けなかったのですが、いつくかの蔓を絡ませて支柱のように育ち、そこそこの実をつけてくれました。すごくない?
今回は春に蒔き、支柱も用意したVIP待遇なので、かなりのリターンを期待しております。

しっかり頼むぞ。

 

アスパラは収穫までに最低2年かかるそうなので早く植えなければ…! 種は買ってあるのです。

 
 

ハーブ部門

ハーブこそ、極力自家栽培すべきだよなぁと思ってます。なぜならば、そんなに量を必要としないのにある程度まとまった量でしか売っていないから。そして基本的に割高だからです。
そんなわけで、特にスーパーでの入手が難しいパクチーとイタリアンパセリを育ててます。

 
 

なくてもいいけどイタリアンパセリ。

201607_004

そんなに使わないけど、たまたま手に入れたので育ててます。鶏のソテーなんかにちょっと添えるだけでいい雰囲気になる。意外と重宝しましたが、その後枯れました。

 
 

エスニックの要、パクチー

201607_006

香菜ともコリアンダーとも。エスニック系にほぼ必須だけど普通のスーパーであんまり売ってない。タイ料理とかやりたいなら必須のハーブです。種蒔いて水さえあげてればワッサワサ生えます。

 

あとローズマリーは育ててるな。育てているというか「生やしている」レベルですが。定番のバジルは前の家から持ってきていたのですが、越冬できずに死にました。

そしてこれからの季節は大葉が欲しいので、苗を買ってきたところです。

いやー、早く本格的に庭に手をつけたいな。

広告

ブログランキング、押してくれるとうれしい。

人気ブログランキング / 手作り・DIY にほんブログ村 / 住まいブログ
 

シェアする

 

あわせて読みたい

 

そのほかの記事はこちら