オシャレ女児のためにマネキン型のカバン掛けを作ってみた。

広告


最近オシャレに余念がない女児のためにカバン掛けを作りました。
女子さんがカバン好きなのは知ってたけど3歳でこれって多すぎないっすか・・・。
 
 
 

ポーチ2つ、手提げ1つ、ボストン1つ、おっきめショルダー1つ、リュックが2つ。まだほかにもかばんあるけどとりあえず・・・。
そうそう、ついでに帽子もかぶせられます。
 
 

フックは表に2個、首の裏に1個。
「手に持ったらこの辺だよな」とか、「肩掛けしたらだいたいこの位置かな」みたいに、なんとなく収まりのいい位置にカバンが来るよう配置してます。
 
 
どピンク&キャラものの派手なバッグらを家中あちこちに置き去りにされるとたまらないけど
 

こうやってクローゼットの片隅にまとまっていれば、とと(父)さん的にもオッケーかな。
取り出しやすさより見た目優先だけど、お片づけ頑張ってくれよな。
 
 
 

ふんわり作り方かいとく

作ってる最中の写真とかないんですが、
胴体はダンボールで型紙を作って板に写しとり、切り抜き。今回は手元の端材からラーチ合板を使ってますが、これは棘がでやすいのでやすりがけをしっかり。
材料を買ってくるならシナランバーコアとかパイン集成材、MDF合板あたりが良いのではないでしょうか。
 

切り抜きにはジグソーという電ノコを使いますが、ややコツを掴むまで難しいのと、音がでかいので注意をば。
ちょっと大きめで気の利いたホームセンターなら、道具&作業スペース貸し出しがあると思いますので活用されると良いでしょう。
 
 

スタンド的なものの脚はいろんな付け方があると思いますが、今回はこんなにしてみました。
手元にあった端材を使い、これはネダレス合板ですが、別に赤松でもなんでも良いと思います。ただ、松はヤニが出る(ベタつく)ので、塗装なり表面処理をしっかりするのがおすすめです。
 
 

娘のカバンの物量に悩む全国のお父さんお母さんに届け!
ご依頼あれば6,000円+送料くらいでお作りしますヨ。