DIY初心者の電動工具選び、まず知っておきたい基本的な知識。

広告

電動ドリル、電動ドライバー、丸ノコ(電動のこ)など、電動ツールを選ぶとき。
知っておきたい基礎知識と、選ぶときに気にしたいポイントをまとめました。
 
なんでもそうですけど、ある程度知っておくことで選ぶときの余計な選択肢を排除でき、粗悪品を買わずに済むのです。

広告

このメーカー5社から選ぶ

・RYOBI(リョービ|日本)
・makita(マキタ|日本)
・HITACHI(日立工機|日本)
・BLACK+DECKER(ブラック・アンド・デッカー|アメリカ)
・BOSCH(ボッシュ|ドイツ)

 
DIY向けに良い製品を多く出していて、ホームセンターや通販で簡単に入手できるのはこの5社。
 
 
電動工具ってのは単純なようで、よくよく考えればすごい技術の塊です。
木や鉄など、加工する材料を基準にしてモーターの力を制御する技術、重量配分や強度を考えた使いやすい設計、その上でぶつけたり落としたりホコリの激しい環境下で使ったり、たまには多少無理な力をかけたりするわけで。
精密さに加えてタフさも兼ね備えていないとすぐに壊れてしまいます。
 
つまり作るのにかなりのノウハウが必要で、当然専門のメーカーが作ったものが圧倒的にレベルが高い。
よって基本のメーカーの中から選ぶのがベターです。
 
 
他にも多数メーカーはありますが、グレード・価格帯や流通に難あり(あくまでDIY向けとして)のメーカーは除外してます。
例えばPanasonicはハイグレード過ぎて価格帯的にもDIY向けじゃないとか、質はいいけどまだまだ一般的に入手しづらいスタンレーとかね。
 
 

知っておきたい名称

ビット

ドリル・ドライバー・リューター・トリマーなど、締付工具・切削工具・研磨工具の先端の回転部分の総称。交換することでいろいろな用途に対応できます。

ビットいろいろ。
 

ドリルドライバーに用いるものは丸軸か六角軸かがあります。
 
 

チャック、キー、キーレスチャック


チャックとは、くるくる回してビットをくわえさせる部分。
「キー」というものを使うのが古くからあるスタイルで、今でも大型の工具はこれ。
 

ドリルドライバーは「キー」を使わない「キーレスチャック」が主流。手で回すだけで充分にビットを締め付けできるように作られています。
インパクトドライバーはスリーブ式というものが一般的。これは六角軸のビットしか使用できません。
 
↓↓ちなみに特徴はこんな感じ↓↓

・チャック(キーあり)
 →精密性◎、ビットの支持力◎、ビット交換△
・キーレスチャック
 →精密性◯、ビット交換◎、ビットの支持力△
・六角スリーブ
 →精密性△、ビットの支持力◯、ビット交換◎、※耐衝撃性◎(遊びがあるのでビットが折れづらい)

 
まぁ、よっぽどへんな製品でなければ、ドリルドライバーならキーレスチャック、インパクトドライバーならスリーブと、一番適したやつになっているので覚えなくても大丈夫。

 

クラッチ


締め付け時に過剰な力をかけてネジ穴や木を痛めることがないよう、一定の締め付け力以上になると空転させる機能のことです。
インパクトドライバーにはついていません。ドリルドライバーにはついているものがほとんど。
 
 

バッテリー式かコード式か、メリットとデメリットで考える

ここ数年でバッテリーの技術はどんどん向上していて、性能は上がりつつも小型化、軽量化、低価格化が進んでいます。
必然、電動工具もバッテリー式が普通になりつつありますが、必ずしもバッテリー式が最高というわけではないです。
 
それぞれの長所短所を挙げてみました。
 

バッテリー式のメリット・デメリット

◯ 取り回しが良い
 →コードがないので当然ですね。ある程度の大きいものを作ったりすると自分のほうが動き回ることになるので、コードレスは魅力です。
 
◯ 電源の確保を気にせず作業できる
 →庭やベランダ、なんなら駐車場とか家の前の道路でも、場所を選ばず作業できます。
 
▲ 価格が高い(バッテリーが高い)
 →価格の半分はバッテリーが占めてる、くらいの金額感。つまりコード式だと概ね半額くらいってことです。
 
▲ バッテリーの分重くなる
 →バッテリーの容量次第ですが、けっこう重いです。
もちろん持ったときの重量バランスを考えて設計されているので、使っているときにそこまでの違和感はないけど。
それでも長時間使用してると男性でも腕がつらい。
 
▲ いつかはバッテリーが劣化する
 →しかも交換品のバッテリーが高いので、本体ごと買い替えるケースがほとんど。
生涯愛用できる工具にはなりえません。
 
ただ、最近は(同じメーカーなら)複数の電動工具でバッテリーを共用する思想が広がりつつあり、汎用バッテリーというものが登場しています。
その広がりと低価格化に期待したいところ。
 
 

コード式のメリット・デメリット

◯ 安価
 →バッテリーがない分安く、1万円を超えることはあまりないです。
 
◯ 安定して使える
 →バッテリーは電圧が下がってくるとパワーや回転数が落ちますが、コード式の場合それがないです。いつでもいつまでもフルパワーで使えます。
 
▲ 電源が必要
 →戸建てなら延長コードで対応できますが、マンション住まいの人が外の駐車場や道路でちょっと作業しようとか思うと、電源が取れずに困ってしまいます。
 
▲ コードが作業のジャマになる
 →家具の組み立て中など、いちいちコードを避けたり避けさせたりが地味にめんどい。またコード式の工具を複数使って作業してると、だんだん絡まってきます。いったん片付けないと掃除もしづらい。これが一番のデメリットかもしれません。
 
丸ノコの場合はコードに引っ張られてカット線がヨレたり、うっかりコードを切ってしまう失敗もあります。
>>>丸ノコでやってしまった失敗
 
 

バッテリー式ならリチウムイオンを選ぶ


 
・乾電池はここがダメ
→ 小型の電動ドライバーに採用されていることがありますが、長く持たないし、パワーもない、ランニングコストがかさむ。
入手のしやすさは◎ですが、家庭常備で使うならその必要あるかっていう。
 
・ニカドバッテリーはここがダメ
→ 劣化が早く、最終的には充電が効かなくなり、満足な力を出せなくなってしまう。
使用頻度にもよりますが2年くらいで寿命が来て、しかも交換品バッテリーは本体が買えるくらいに高いという謎な価格付けだったり。
 
というわけで、バッテリー式ならリチウムイオンのものを選びましょう。
それでも劣化からは逃げられませんが、ニカドよりかなり長寿命かつハイパワーです。
妙に安い製品はニカドバッテリーの場合が多いので注意してください。
 
 

木屑は大問題。集塵を考える

特に丸ノコとサンダーを買うときに気をつけたいポイント。
室内で使うとシャレにならない量の細かい粉塵が舞うので、なんらかの対策を。

・集塵機能付きの製品を選ぶ
・バッテリー式を選んで屋外で使うようにする
などがいいと思います。
 
 

付属品はオマケ程度と考える

それなり名の通ったメーカーは付属品であってもそこそこのものを付けますけど、
ホームセンターのプライベートブランドなんかはここでコストを下げにきます。
どのみちビットや刃は消耗品なので、付属品はオマケと考え、それを工具選びの決め手にしないってことですね。
 
消耗品は別途買い求めるのがオススメ。
精度や切れ味が全然違うから。
 
 

付属品がいっぱいある品は基本、良くない

前項に関連しますが、どう考えても使わないようなビットをこれでもかと付属させてるヤツは、ほぼハズレです。
 
たくさんのアタッチメントを専用ケースにきれいに並べることで「プロっぽい」と思わせ、粗悪品の本体を掴ませる算段です。
中身はこれ、100均レベルかそれ以下の工具を並べたに過ぎません。
 
頻繁に使うドリル刃なんかは即劣化して使えなくなり、逆に使わないビットは一生出番がないでしょう。
ビットにもコストをかけている分、本体は悲惨なクオリティ。モーターかバッテリーか、はたまたどちらもが半年持たずにダメになります。
 

 
こんなところに気をつけて選んでもらえれば、いい工具に巡り会えることと思います。