機動力が上がり続ける10ヶ月児の寝床について本気出して考えてみた

201605_051
寝床の安全対策の話。全部DIYでやりたがると、とてもおっつきません。子どもの成長は早いですね…

 
 

思えば動かないうちは楽だった

結婚以降住んでいた賃貸マンションでは、夫婦でIKEAのダブルベッドで寝ていました。そして子どもが生まれるタイミングでベビーベッド導入を考えます。
が、部屋に後付けでウォークインクローゼットを作っていたために既製品が入らず。
201605_041
60cm幅なら収まるので、それに合わせてベビーベッドを自作し、夫婦のベッドに横付けして3人暮らしが始まりました。

 

201605_040
引越ししてからもそれは変わらず、壁際にベビーベッドを置き、一人で寝かせる時だけ柵を、一緒に寝るときは添い寝できるようなかたちで過ごしていました。

 

それが、子どもが10カ月とかにもなってくるとビンビン動くもんだから、いよいよ危なくなってきたのです。柵で囲ってやらないと落ちてしまうけど、外に出たがってすごい勢いで柵を揺らすので、ベビーベッドの補強も限界。
落ちて大怪我をする前に、次なる睡眠スタイルを考えねばなりません。

 



 

布団はちょっと。じゃあどうしよう

こういうケースで、ベッドを処分して布団を敷くスタイルに変えた、という話はよく聞きますが、毎朝の床上げが面倒だし、やはりホコリが気になります。(僕が喘息持ち)
またそもそも、寝室には姿見や衣装ケースなど置いてあるので、ベッド以外のエリアにあんまり行って欲しくない。

というわけで敷布団スタイル却下。

 

要点は

  • ベッドがいい
  • そこから出られないようにしたい
  • 狭いのをいやがる、親が離れているのをいやがる

の3点。ここを解決しなければなりません。

 
 

全部囲っちまえばいいんだ

201605_050
考えた末、IKEAの同じシリーズのシングルベッド↑をダブルベッドの横にくっつけて一体化し、全体を柵またはネットで囲うことにしました。そうして作った檻のなかで家族3人寝るのです。

 

考えがまとまったので、急いで具現化しなければ。

 
 

制作編その1↓


 

制作編その2↓

 
>>>全ページ試し読みで選べる「絵本ナビ」。国内最大級5万タイトル以上!

広告

ブログランキング、押してくれるとうれしい。

人気ブログランキング / 手作り・DIY にほんブログ村 / 住まいブログ
 

シェアする

 

あわせて読みたい

 

そのほかの記事はこちら