〈洗面台を作ろう〉陶器の洗面器(2万円)に大胆に穴を開けるよ

広告

201605_081
洗面台を自作していますが、買い揃えた洗面器と水栓がうまく合わずに取付できないことが発覚しました。
陶器の洗面器(流し)には直径25mmくらいの水栓取付穴、対して水栓は35、6mm程度の穴でないと取り付けできない(配管側のナットが通せない)という事態です。


 

いろいろ考えた結果、洗面器の穴を35、6mmに拡げることで解決を図ります。

 
 

広告

ダイヤモンドドリルを買った!

201605_086

ダイヤモンドドリルは、その名の通り刃先に人造ダイヤモンドの粉がついており、陶器・ガラスなどにも穴をあけられるドリルビットです。回転するヤスリって感じかな。Amazonでだいたい3000円くらい。

そんなに頻繁に売れる商品ではないので、ホームセンターだと求めるサイズが置いてなかったりします。
こういうのは通販が正解。いい時代ですよねぇ。

 

 
 

庭にセッティングします

201605_087
削り粉も出るし、冷却水をかけながらの作業になりますので、屋外がベター。

ダイヤモンドドリルは熱を持つとすぐダメになるそうで、摩擦熱を緩和できるように冷却水が必須なのです。ドリルビットの中には付属のスポンジが入っていて、これに水を吸わせて、万が一にも冷却水切れにならないようにという配慮がしてあるほど。
まぁ、冷却水なんて大仰な呼び方ですがただの水道水で大丈夫。

あとはドリルが滑っていかないように、ガイドを両面テープで貼り付けておきます(どちらも付属品)。これで準備完了です。

 

あっけなく、開いたよ!

洗面器が割れたりしないかビビりながら、ドリルを回していきます。「ゴリゴリゴリゴリ…」と音と振動が伝わってきて、どうやら削れている手応え。

201605_088
おおっ!削れている!
ガイドを貼る位置が悪くてちょっと中心からずれていますが、水栓の取付時に調整できる範囲なので気にせずゴリゴリ。

 

201605_089
ちょっと斜めになっていて、一部が先に欠けました。穴の内側は不要な部分なので、気にせずゴリゴリ。

 

いよいよラストスパート。力を入れすぎていると裏側の穴周辺が変に割れてしまうので、慎重に、ちょっと当ててやるくらいの感覚でドリルを回していきます。そして。

 

201605_090
無事、開きました!
いやー、あっけなかった。ドリル回してたの、実質2〜3分でした。削り粉をきれいに洗い流して、作業完了。

さぁ、はたしてこれで水栓は付くのか。
無事に付きました>>>

 
 

ダイヤモンドドリルについて感じた事まとめ

  • 使い方は難しくはない。ただ、ドリルの角度をきっちり保てるかが大事。今回力み過ぎていたのかちょっと斜めに開いてしまいました。
  • 思いのほか、削り始めに刃先が滑る。ガイドは必須。付属していないなら別途買ったほうが絶対に良いです。
  • 地道に削っていく感じなので、ドリルにそこまでのトルクは必要ない。安い電動ドリルで十分と思われる(開ける穴の径による、とは思う)。

てな感じかな。
意外と簡単に穴が開けられる事が分かったので、今後はマグカップに穴を開けて植木鉢に、とかも気軽に挑戦できそうです。

 

 
なお、僕が使ったドリルはこちら。

makita(マキタ)の高速ドリルのエントリーモデルのやつです。
先に紹介したダイヤモンドコアドリルは丸軸なので、インパクトドライバーのチャックには取り付けできません。電動ドリルドライバーか、こうした高速ドリルを使いましょう。
 
ドリルの種類とか丸軸とかチャックとかよくわからんという方はこちら↓をご参照ください。