1階の反省を生かして、2階はペンキ塗りから。

201608_021
廊下とクローゼットの壁・天井にペンキ塗り。
引越し前までのリノベで、床施工前に天井と壁の仕上げをしちゃえば良かったって後悔したので、今回は先に塗ってしまいます。

つまり、床貼り前に天井と壁のペンキ塗りをやっちゃえば、床の養生は必要なかったな、っていう。

 

201608_022
1階では手を抜きましたが、今回はパテ部分にちゃんとペーパーがけ。粉塵がすごいのでマスク必須です。

 

201608_023
どの辺りまで塗るかちょっと迷いましたが、窓枠まで塗ることにしました。
白の予定でしたが、色を落ち着かせるためにちょっとだけ黒を入れようとしたところ、思いの外多めに入れてしまい。まぁいいかとそのまま採用したのでグレーになりました。アルミサッシも変に浮かないし、いい選択だったかもしれない。

 

201608_027
写真左側、2階奥の今回作業範囲外の部分はまだ天井も塗らず。作業対象範囲との境にはもともと壁があり、非常に雑な処理をしていた(というかなにもしていない)のですがそこもザッとペンキを塗りました。こういう大雑把なところも塗るだけでそれなりまとまって見えるのは色の力ですね。

 

201608_024
こんな感じになりました。グレーが古き良きアメリカって感じがして良い。日中はちょっとブルーがかって見えてかっこいいのです。

201608_026
少し前。色が塗られるとガラッと印象が変わります。飽きたら他の色にしよう。

 

お盆休み、義兄や義母が遊びに来て娘を見ていてくれるのでとてもありがたい!
まとまった時間が使えてすんごい作業が捗ってます。フローリングを張り始めるくらいまでは進めたいところだなぁー。

広告

 

シェアする

 

同じカテゴリの記事はこちら

 

そのほかの記事はこちら