お客様に作業させるという"おもてなし"スタイル。

広告

妻の同僚の方が遊びに来てくれまして。
ここぞとばかりにペンキ塗りをしてもらいました。

心置きなく作業してもらえるよう養生はやりますし、道具も、作業着やゴム手袋なども用意します。あとは見ているだけそっと見守ります。

 

吹き抜けの下の壁にようやく着手!みるみる壁が白くなっていく…!
 

素晴らしい作業効率で、あっという間に終わりました。準備の方が時間かかっちゃったかも。
 
 

壁の仕上げは生活にそこまで影響ないよな、とか言い訳してついつい後回しにしてしまいます。この日も、お昼を食べた僕はすっかりだらりムードになり、「今日はもう、ゆっくりしたらいいんじゃない?」などと発言して、逆にやる気できてくれたお客様に尻を叩かれる始末。
こういうふうに手伝いに来てもらえるとスイッチが入って本当に助かります。
 
このあと「漆喰も塗ってみたい」というご要望で、練りましたよ。そして塗ってもらいました。やる気すげぇ。お手伝いありがとうございました。
 
 
おかげさまで僕もちょっとスイッチが入り、帰宅後に少しづつ壁を塗り進めることに。土日の日中は音の出る作業にあてたいので、こういう音の出ない作業は夜がいい。
当面の作業予定には入れてなかったけど思ったより早く吹き抜け周りが白くなりそう。
 
 

この壁が塗り終わったら、俺、写真を飾るんだ・・・。
 
 
階段周りは漆喰を使ってみていますが、なかなか仕上がりが良いです。
 
201611_025
こんな感じ。意外と表面がなめらかです。しかしマットで陽を反射しすぎることはありません。かなり好み。
そして室内が明るくなり、毎朝とても気持ちいいです。早く塗ればよかった。
 
 
ここしばらく週末が予定で埋まり、なかなかリノベを進められない状況。うずうずしますが、この夜の塗装作業が癒してくれるのです。うん、病気。
 

広告