クローゼットにおくハンガーラックを作ったよ。

広告

前回切り出し、ペーパーがけした材料を組み上げていきます。

201612_031
土台。枠を組んで、コーナーを三角に切ったコンパネで補強。そこにキャスターを付けます。
キャスターはでかいやつがインダストリアルな雰囲気でカッコいいと思ったのですが、いいなと思ったのは一個2000円くらい。でかいほど指数関数的に高くなるので、ほどほどのサイズに抑えました。これで一個600円。

 

201612_033
作業に夢中になると写真を撮り忘れる。
キャスターを付けた土台の上にダボで柱を4本立て、その上に土台と同じ形の木枠を乗っけました。

ダボだけではグラグラなので、各コーナーに補強の三角板を。この程度でもかなりがっしりして、ゆすっても柱だけグラグラすることはないです。
三角形は強い。

 

201612_034
ハンガーをかける竿をどう固定したもんかな、と考えた末に、やっぱり吊り下げ式にすることに。
両端と真ん中を吊る用に、ワイヤーを3本切り出します。


201612_035
同じ長さになるように調整しつつ、両端をループに。

 

201612_036
こんな感じにできました。木枠の中に丸棒が浮いている感が、ショップの什器っぽくて好みです。中段にもう一本竿を吊りたいのですが、ワイヤーのストック分では足りないので後日とします。

 

設計したの自分なんだけど、思った以上にでかい…です。中段にも竿を追加したら今までの倍、服をかけられるな。

ちなみに今使っているハンガーラックはこんなです。

201606_070

関連記事:
吊り下げ式のハンガーラックをつくったよ。