石油ストーブ コロナSL-221を入手、分解清掃する。

corona-sl221

去年おととしと冬場はエアコンとガスファンヒーターでしのいでいたのですが、ついに石油ストーブを買いました。
もう寒波に太刀打ちできる気がしなくて。
冷え込みとまともにやりあうと電気代が3万ごせんえん円とかいくので・・・。
 
例によって中古品を買ったので、例によって分解清掃します。
芯の交換もやらないといけないかも。
 
 
 
 

分解の手順


まず、取っ手を外す。
左右とも、本体との付け根をそのまま外側に引っ張れば外れる。
 
 

取っ手と、それで固定されてた天板が外れました。
中は割と綺麗で、清掃の必要はなさそうです。
 
 

ネジを外します。左右1箇所づつ。
そうすると外筒を上に引っこ抜けます。
 
 

おっと、燃焼筒を忘れずに。これは乗っかってるだけなので持ち上げれば取れます。
思ったよりきれい。あと、デカい。反射式石油ストーブのそれの比じゃない。
 
 

で、外筒を上にズッと引っこ抜きます。
 
 

芯はやっぱりダメですね。
 
 

火力調整つまみを引っこぬく。手前に抜くだけ。
 
 

外したところ。刺さってるだけです。
 
 

外筒のハカマとでも言えばいいのか、奥側を持ち上げてから手前に抜き去ります。
 
 

埃がえげつない。焦げ臭いの嫌なので綺麗に掃除せねば。
 
 

ホコリを剥がして蝶ネジを探します。4箇所。
これを緩めると・・・
 
 

ここが外れます。まっすぐ持ち上げて。
なお、芯の出を確認するために再度つまみをつけてます。
 
 

ようやく芯に会えました。
 
 

正式な外し方があるかもしれないけど、触ったら崩れ落ちました。完璧にダメですね、これは。
 

即ポチ。
 
 
届いたら、続きです。

広告

ブログランキング、押してくれるとうれしい。

人気ブログランキング / 手作り・DIY にほんブログ村 / 住まいブログ
 

シェアする

 

同じカテゴリの記事はこちら

 

そのほかの記事はこちら