屋根の状態がだいぶ、かなり、とても深刻だった件

スポンサーリンク

201608_059
雨樋を直す際、1階の庇を歩いていて見つけてしまった破損箇所。破風板をカバーしている金属板が剥がれているようでした。

折しも台風10号が近づいており、もしこの金属板が飛んでいったら、人や車に当たったら、と思うと思うとさすがにほっておけません。というわけで、昨年家を買ってから初めて、屋根に上ることにしました。

 

初公開、我が家の屋根

ドーン。年季の入った屋根です。そしてなかなかいい景色。

201608_060
素人が補修作業をするにあたって、勾配がそんなにキツくないのがまだ救いかな。それでも苔でかなり滑るので、慎重に慎重に歩きます。(風で倒れた)テレビアンテナがあるので、ひとまずそこにパラコードを結んで命綱とします。

 

ちなみに我が家はテレビが映りません。アンテナが倒れたときに断線でもしたんだろう、と予想しておりましたがはたして。

201608_063
断線でした。
これは急ぎじゃないので後日ゆるりと直します。

 

補修というか応急処置というか

件の破風板の箇所まで行きまして、様子を見ます。屋根の末端なので、ヒヤヒヤもの。

201608_061
あと釘一本…。かなりギリギリでした。

201608_062
持ってきたビスを4本ほどぶち込んで一時凌ぎ。この時点で雨が強くなってきてしまい、ペンキ塗りかコーキングかは後日対応することにします。

いったんこれで修理完了。さぁ降りるか、と言いたいところなのですが。
さっきとんでもないものを見つけてしまったのです。

 
 

201608_064
う、うわぁぁぁ!!
めっちゃ穴空いてました。恐ろしいのはこれ、見るからに昨日今日空いた穴じゃないってところです。屋根裏には何度も潜ってますが、雨漏りしてる感もなく全く気付きませんでした。昨年のうちに一回でも屋根に上がっておけばよかった…。

 

雨も本降りになってきましたが、ほっとけないので何とか対策を考えます。この雨のなか、しかもじき日没という時間帯。一度降りてから材料持ってきて大掛かりな修復はちと考えものです。よって。

 

201608_065
こうしました。
雑多な釘・ネジをまとめてあるIKEAのジップロックをたまたま腰袋に入れていたので、これを使いました。サイドを切って広げ、穴を覆うようにして数カ所釘で固定します。非常にブサイク&ないよりマシ(?)レベルですが、今できるのはここまで。

 
 

こんな応急処置でそう長く持つわけはないので、祈るように週末を待っている状況です。なんとしても晴れろ。そして修理完了までなるべく雨降るな、と。