「キッチン モルタル 天板」のDIYについて、失敗を踏まえてまとめてみた。

広告


「キッチン モルタル 天板」といった検索ワードからへの流入が多くって、自分で作る酔狂な人がけっこういるんだと胸が熱くなります。
そのうえでちゃんと参考になっているか心配にもなったので、注意点とかまとめてみました。
なにぶんうちの天板はたぶん“失敗作”なので。笑
 

モルタルについて

201604_010
写真のモルタルは僕が使ったものですが、これは使わないほうがいいです。
この「フジモル」というやつは、骨材になんかカラフルなポワポワした繊維が入っており、モルタルでキッチン天板を作りたい人の目指す質感(硬質なコンクリート感)には向かないかと。
ちなみにこのフジモルはガレージ前の補修とか、庭の排水枡の穴埋めにはとてもよかったです。安く、軽く、扱いやすい。
 
 

ひび割れ防止のために

モルタルを塗る部分にはラスという金網を敷きましょう。
201605_022
これがラスです。ほっそいエキスパンドメタルのようなやつです。僕は敷かずに作ったので、細いところがひび割れましたよ。安い材料なので使うに越したことはないです。
 
 

防水塗料について

建築雑誌とか見てると概ね「ガラス塗料仕上げ」とか書いてあり、そのしっとりとした質感に憧れたものでした。が、実際にキッチンを作っていた時には、個人でも買えそうなガラス塗料が見つけられず。やむなく防水に目的を絞って探し、使ったのが防水一番というやつでした。
 

 
これも悪くはないのですが、しっとりとしたコンクリートのような質感にはなりません。
しかし今回、良さげな塗料を発見したので紹介しておきます。

 
 
商品説明によると、求めていたガラス質感が手に入るようです。
 

  • コンクリート面に浸透してガラス質の強化層を形成し、耐摩耗性の向上、劣化防止、防塵に優れた効果があります。
  • シックな光沢のあるコンクリート面に仕上がります。
  • 酸性雨によるコンクリートの中性化を防ぎます。
  • 水性なので安全、後始末も水でできるので、取扱いがとても簡単です。

 
 
これからモルタルキッチンを自作する人は、ぜひ試してみてください。
みなさんの家に良いキッチンができますように。
 
関連記事: